読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者

朝井リョウさんの「何者」を読んだ感想をつらつら書いていく

 

まず,主人公と自分がすごくリンクした.

・人を分析するとこ

・プライドが高いとこ

・就活生だというとこ

 

そして,一番印象に残った言葉は

「10でも20でも前に出しなよ」

プライドの高い自分は,恥をさらしたくないという気持ちからなかなか自分をさらけ出せない.

クオリティが低くても良い.笑われたっていい.

自分を表現することが唯一の進化なんだと思えた.

今までは,自分の頑張りを見てくれる人がいた.頑張れば報われた.

だから,結果が出ないとなんでこんなに頑張ったのにって,不満を垂らす.

でも,違う.

これからは過程を見てくれる人はいない.自分が発信していかないと生きていけない.

社会に出るとはそういうこと.恥じたっていい.評価されなくたっていい.とにかく外に出していく.現状の自分が表現できるものを前に出していく.

そう思えた.

 

 

そして,少し印象に残った言い回し

「いつの間にか大きい問題にすり替える」

目の前の課題でもいい.目標は小さくてもいい.とにかく何かを打ち出すんだ.

 

総評

恥を怖がりすぎる日本人へ,

就職活動に直面して,評価してもらえない現実.

自分を守るために,自分を肯定化するために,頑張っている就活生を心のどこかで蔑む.

でも,かっこ悪くたって,言ってることが鳥肌立とうが表現しなきゃいけない.

それが社会で生きて行くということ.意識高い系で結構